貧乏魂 払いたくない~ATM手数料~ 8月11日に起きた悲劇をプロジェクトX風に

2016年、山の日として祝日となった8月11日

彼らは大きな障害に遭遇した。

 目次

前書き

たろうは激怒した 8月11日に起きた悲劇を走れメロス風に - たろうYMDの日記

と同様に、8月11日の出来事を面白おかしく書こうという記事です。

基本的に出来事自体は同じです。

書き方がプロジェクトX 風になります。

 

先に書いてある走れメロス風は以下のリンクになります。併せて読むと面白いですよ

たろうは激怒した 8月11日に起きた悲劇を走れメロス風に - たろうYMDの日記

目の前の障害

平成28年から8月11日は「山の日」として

祝日になった。

 

8月11日21時、大学生のたろうは郵便局のATMに行った。

しかし、彼の目の前に壁が立ちはだかる。祝日となった8月11日のATMの利用時間は19時までだった。

 

たろうが現金を下ろすには、コンビニに行き手数料を支払うしかないと思われた。

ここで地上の星?

地上の星 / 中島みゆき [公式] - YouTube

手数料など払えない

たろうは手数料の支払いを聞き入れなかった。

そんなものを払うことは嫌だと言った。

 

たろうは文献を読み、研究を進めGoogle検索をかけて

ファミリーマートの一部店舗ではゆうちょATMを設置し

ゆうちょ銀行の手数料がメンテナンス時間を除いて24時間利用可能だとわかった。

 

たろうはこれに賭けた。

計画

たろうは計画を立てた。

目的のファミリーマートまでは片道2.4㎞ほど

普段通り、たろうの足で走ると15分ほどで着く距離である

 

往復で30分程度

現在の時刻は21時、余裕をもって見て20時には帰宅できる。

日は沈み涼しい。靴もランニングシューズがある。足も問題無い。

 

いける!たろうは自信を持ち計画実行の準備に入った。

迫りくる困難

計画を立て実行に入ると、想定していなかった困難がたろうに立ちはだかった。

往路 犬と飼い主

たろうは犬が苦手だった。夜の犬はリードがつながっているのか、つながっていないのか見えない。

犬を回避するために走るのを止めゆっくりと歩いた。

すぐに走り出したが時間を取られてしまった。

誤算だった。

復路 タクシー

復路はさらに困難だった。

横断歩道を渡るたろうにタクシーが突っ込んできた。

幸い事故にはならなかったが

ルールを守らないことをされては、どうにもならない。

極めて危険だった。

復路 不灯火の自転車

その後、不灯火のロードバイクが正面から突っ込んできた。

不幸にもたろうはその直前、正面からくる自動車のライトが目に入っていた。

たろうには不灯火の自転車の姿がよく見えなかった。

結果的に、事故にはならなかったが無駄な時間をかけたのは同じである。

 

体の異常

自宅まで数百mとなったところで太郎の体に異常が襲い掛かる。

右のモモが痛い

感じたことの無い種類の痛みだった。

歩こうと思えば歩けるが

走れる状態ではなかった。

 

仕方なく、残りの道のりは歩いて帰った。

体の変調は誤算だった…

エンディング

ATM手数料そのために30分以上かかる道のりを走った男がいた。

人は笑った。百数円や数百円のためにどうしてそこまでするのかと

男は笑った。「俺がそうしたいからだ」と。

 

男は、迫りくる困難にも屈せずひたすらに目標に向け走り

目的を果たした。

 

男は笑った。

たった100円ちょっとかもしれない。でも100円ちょっとで得られる幸せもある。なら幸せを取ろう。

ここでヘッドライトテールライト

中島みゆき「ヘッドライト・テールライト」[STUDIO LIVE]【HD】 - YouTube

 ヘッドライト・テールライト

 

あとがき

実際にATMが閉まっていたこと、某コンビニのATMなら手数料がかからなかったこと

行きに犬がいたこと、帰りにタクシーが突っ込んできたこと、不灯火のチャリが突っ込んできたことは事実ですが

タクシーの客や自転車の人が郵便局とつながっているかは完全に面白おかしくするためのフィクションです。

けして、特定の個人や組織を誹謗中傷する目的の記事ではありません。

 

根本は、平日だと思ってATM行ったら休日だった。という話です。

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.