なんかカッコいい! VAAM ウォーターパウダーとスクイズボトル買ってきた

部活をやっていて

こなのスポーツドリンクに世話になるんですが、今回は明治のヴァームウォーターパウダーを買いました。

目次

VAAMってなんだよ

明治のVAAMですが

スズメバチアミノ酸「V.A.A.M」を人工的に生成したということです。

これを使うことで運動で脂肪が燃えやすくなるそうです。

うさんくさいけど書いてあります。

 

脂肪をよく燃やす。というのはダイエット中の人には夢のような話です。

僕自身夢のような話だと思っています。

いろんな記事があるっぽい

運動時の体脂肪燃焼に着目した「VAAM」 ロードレースを戦い抜くための新しい戦略 - cyclist

ヴァームの効果を信じてもらえない : 自転車コギコギ日記

 

体に蓄えられる糖質というのは脂質に比べて少ないので

脂質を多く使えるというのなら理想的ですよね…

 

痩せるし有酸素運動は長くできるし…

 

ウォーターパウダーとペットボトルタイプ違うの?

まず、ウォーターパウダーとペットボトルタイプは、運動中の水分補給に。ということです。運動で体脂肪を燃やす汗で失われがちな電解質をプラスも両方に書かれています。

ポカリなどとは成分が違いますが運動中におすすめということです。

 

たしか飲み物は100mlあたり何kcalまでは0kcalと書いていいみたいなルールがあったと思います。そのうえで説明していきます。

ペットボトルの ヴァームウォーター

ヴァームウォーターのペットボトルタイプです。

こちらはカロリーが0になっています。

ゼロキロカロリーだ!と思いますが、普通に考えたらアミノ酸が入っていて本当に0なんてことはないでしょうね。切り捨てで0kcalになっているんでしょう。

ヴァームウォーター 500mL×24本

パウダータイプのヴァームウォーター

こちらは1袋あたり19kcalになっていますが

1袋を500mlの水に溶かすので100mlあたりは4kcalぐらいになります。

カロリー高いな?と思いがちですが

成分は同じようです。

一緒じゃね

ところでVAAMに通常の成分表示と合わせて

アミノ酸の内訳が書かれています。

リジン、スレオニン、ロイシン、バリン、フェニルアラニンみたいなやつです。

粉タイプのヴァームの成分を5で割るとペットボトルの成分表示と同じになります。

 

たぶん成分は同じなんでしょうね

どっちがいいの?

これは好みのような気もしますが

僕としては、パウダーの方をお勧めします。

ペットボトルってペットボトル代かかっているのでその分高いです。

 

パウダーの方が少し安いです。

 

味は

ペットボトルの方にはグレープフルーツ風味とクリアアップル風味があります。

パウダーの方はグレープフルーツ風味だけです。

ただ、それほど味はしません。

特にグレープフルーツの方は味がわからないレベルです。

クリアアップル風味も飲みましたが、リンゴっぽい味がするだけでそれほど味は強くありません。

あくまでも運動のお供という感じです。

 

ポカリなどに比べても味は薄めです。

飲んだ感じ

飲んだ感じですがいつもより汗がよく出る気がします。

汗をダラダラかきます。

気のせいかもしれません。

熱中症のようなら経口補水液を

VAAMウォーターは運動中に飲むことを進めていますがカロリーを抑えたうえでつくっています。

ふらふらの人がいたら

普通の糖分と塩分が含まれたスポーツドリンク、可能なら経口補水液を与えてください

餅は餅屋です。

そもそも、炎天下での運動は避けることがベターですがどうしようもない場合は経口補水液の準備をお勧めします。

 

スクイズボトル

ポカリスエットとかでもスクイズボトル付きで販売していると思います。

それと同じでVAAMウォーターパウダーも500mlのスクイズボトル付きの商品を販売しています。

デザインは、VAAMの文字とスズメバチのイラストが描かれています。

飲み口はペットボトルとは違いキャップを上に引っ張って

中の透明なストッパーを引っ張ってさかさまにすると出てきます。

 

いろんなところからスクイズボトルはでているのでどこのを使ってもいいと思うんですが

安く手に入るのでセットで購入するのもありかとおもいます

 

パウダーと一緒に買うと200円ぐらいなのでそっちの方が安いです。

 

他のヴァーム

今回はヴァームウォーターを紹介しました。

ヴァームにはほかのタイプもあります。

顆粒やゼリータイプがあってこれは運動前に飲むことが薦められています。

上のモデルでスーパーヴァームというのもあります。

ヴァームウォーターは運動中に飲むように作られているようです。

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.