さおだけ屋はなぜ潰れないのか?身近な疑問からはじめる会計学 レビュー

た~けや~さおだけ~

の音声を流し

2本で1000円!など言いながら

軽トラで走り回るさおだけ屋

あれが儲かるのか?というところから始まる会計学や経営について学べる本です。

http://2.bp.blogspot.com/-QNUENj33GL8/VlAZaPhEhBI/AAAAAAAA06U/swf13Xr74nM/s400/sentaku_Mji_hoshi.png

目次

さおだけ屋はなぜつぶれない? 

この本では、最初に目につきやすいものということからか

さおだけ屋はなぜつぶれないのか?

というところから始まります。

 

さおだけ、つまり物干しざおなんてものは、

ホームセンターでステンレス製のものが売っています。

引っ越しシーズンであれば、まだ売れるかもしれません。

しかし、インターネットでありとあらゆるものが買える時代です。

物干しざおなど当然売っています。

 

この本では、

なぜ、さおだけ屋は潰れないのか?

さおだけと言っても、

さおだけの仕入れ値、軽トラの燃料費などがかかる

さおだけ屋のスピーカーの通り

2本で1000円で売っていたら、さおだけが売れたところで赤字になるだろう

というようなことが書かれていて

さおだけ屋の儲けのからくりが書かれています。

 

それを通じて経営について学べます。

 

若干悪徳っぽいんですがああいうのはそんなものかもしれません。

在庫は役に立たない

次に出てくるのは、自然食品のお店です。

著者曰く、在庫が山のようにあるがお客は少ない

 

この話では在庫というものについて書かれています。

著者の日常やトヨタのかんばん方式などを通じて

在庫と資金繰りがどういうものなのか

を学べます。

https://2.bp.blogspot.com/-4YpiajT7Y2w/VxC3TGRgCMI/AAAAAAAA52o/hTU-l5keIHg1ra0W-TkhPbqov9e2iJNIACLcB/s400/multi_syouhou_zaiko.png

割り勘の支払い役になる人の謎

人と食事やお酒を飲みに行くと、

会計は一緒に。ということになりますよね?

その割り勘の時必ず支払い役を担う人がいたそうです。

 

お酒を飲んだ後は面倒ですし

先に外に出て話せるし

やってくれたらそれでいいですよね。

 

しかし、この支払い役の人には、支払い役を担うことで得られるメリットがあるんです。

 

最初に考えるのは、1人当たり3980円ぐらいの飲み放題メニューの会計だと

20円×人数分のお金がちょろまかせる。

ということでしょうか?

しかし、こんなのせいぜい数百円でしょう(数百円は大切だけど)

 

その数百円のために支払い役を担っているんでしょうか?

いえ、彼にはもっと大きなメリットがあるんです。

 

続きは、本で

他のエピソードもおもしろい

他にも完売したのに怒られたエピソードから機会損失について学ぶ章があります。

そこまで分厚くない新書ですがそれぞれのエピソードが会計や経営の考えとつながります。

1つ1つがつながりあれはそういうことだったのか!

と気が付くと同時に

会計や経営について基本を学べて興味が湧き、さらに勉強をするきっかけになります。

 

大学の教養レベルの講義ならこの本が教科書になっていてもおかしくないぐらいです。

著者について

著者は、山田真哉という方なんですが

彼は公認会計士として自分の事務所をもって活動するほか

執筆活動も活発にされており

このさおだけ屋はなぜつぶれないのか~の他にも

食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字

なんて衝撃的なタイトルの本も出されています。

ただ、これの下巻で「「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字」というのもあります。

 

他にも女子大生会計士の事件簿シリーズなんかもあります。

 

会計というジャンルについて非常にわかりやすく基礎を学べると思います。

さおだけ屋はなぜつぶれないか?は10年ほど前に出た本なので最近の本を買われるのもありかと思います。

どれも楽しく会計や経営について学べます。

山田真哉さんの書籍はここから

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.