Amazon Studentに入ろう クレカが無くてもできるぞ!

さて、もはや誰もが使っているであろうAmazon.co.jp

学生向け有料会員Amazon Studentは以前からお急ぎ便など便利だったんですが、さらなる進化をしています。

学生でクレジットカードが無い?作れない?安心してくださいクレジットカードが無くてもAmazon Studentは利用できます。

f:id:taroymd:20161025214522p:plain

目次

より便利になるAmazon Student

Amazon Studentは、学生限定のお得なプライムです。

対象になるのは、日本国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生です。

 

Amazonプライムの学生向けで年間1900円で入れます。

通常のamazonプライムだと3900円なのでお得

現在のAmazon Studentのサービスは以下の通り

お急ぎ便使い放題

360円または514円のお急ぎ便と時間指定サービスがいつでも無料で使えるようになります。

本+10%ポイント還元

本を購入した時10%がポイントで還元されます。

大学生協だと、本が1割引きになるのでアマゾンのほうが早いと分かっていても値段のために取り寄せてもらうことが多いです。

10%還元は現金が手元に残るわけでは無いものの結局一緒です。

 

プライムビデオ+プライムミュージック

最近はやりの、映画見放題や音楽聞き放題のサービス

Amazonプライムビデオ、100万曲以上が聞けるプライムミュージックが利用できます。

※有料会員限定

日用品・サプリメント15%オフ

Amazonで買い物をするとき「定期便なら~~円」というの見ませんか?

通常定期便だと10%オフですが、

Amazon Studentなら日用品・サプリメントが定期便で15%オフになります。

Kindle本が毎月1冊無料

Kindle本が毎月1冊無料で読めます。

※有料会員限定

文房具・ノートが20%オフ

キャンパスノートなど定番の文房具が表示価格より20%オフで購入できます。

使わない手はない

上で紹介した以外にもAmazon Studentのサービスはあります。

毎月Kindle本を1冊読んで、映画は見れて音楽は聞けて

年間1900円

これは利用するしかないですね。

支払いがネックだった

ここまで長所を紹介してきました。

ところでこういう年会費のサービスってクレジットカードに限られるケースが多いです。

通常のamazonプライムの支払いは、クレジットカードとauウォレットカードだけです。

auウォレット使いづらい

 

クレジットカードは支払いを先延ばしにできたりポイントが付いたりとメリットが多いですが、
学生だと作るのが面倒なことがあります。


親がダメだと言ったり、下宿先の住所と住民票の住所が違うとか…

他にもクレジットカードを油断して使いすぎて
クレジットカードの支払い>バイト代


の月が出来たという人もいます。
その人はその後もクレカで生活~翌月バイト代で相殺という生活をしていました。

正しく使えば安心なんですがクレジットカードは怖い。というところがあります。

デビットカードが使える

Amazon Studentは上に加えて、VISAデビットカードが使えます。

 

デビットカードは、クレジットカードと異なり即時決済です。口座にお金が無いと使えない。

 

Amazon Student支払い用に使えるのはVISAデビットカードです。JCBブランドなどは使えません。

意外と便利

デビットカードは、クレジットカードほど便利ではありませんが、

現金が手元にない時、コンビニのATMに行って手数料がかかる。

ということがありません。

ATM手数料もなんども使うとバカになりません。

 

口座にはお金があるけどATMが見つからないということがありません。

 

自分は、楽天銀行でVISAデビットカードを申し込みました。楽天銀行のようなネットバンクは自社ATMが無いのでコンビニでお金を出し入れするたびに手数料がかかっていました。これが意外と大きな額になって数えるのが嫌になりました。

楽天銀行でVISAデビットの申し込みは、1年目の年会費1000円ちょっとを支払うのと少し記入事項があるだけですぐに手続きが済みます。

クレジットカードのように職業や収入を入力する必要はありません。

 

また、

クレジットカードのように明細も残るので何にいくら使ったかわかります。

VISAデビットを提供している銀行

Visaデビットの申し込みができるのは以下の銀行です。

北國銀行 、住信SBIネット銀行、近畿大阪銀行、ジャパンネット銀行、琉球銀行、埼玉りそな銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ソニー銀行、りそな銀行、楽天銀行、スルガ銀行、あおぞら銀行

 

会社ごとに入会特典など設定しています。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行はデザインが複数あって、カードのイラストが縦に書いてあるのでクレジットカードと間違いにくいかも

 

どこがいいか、というのはありません。

今、口座をお持ちの銀行で取り扱っていればそこで申し込むのが良いかと思います。

 

Visaブランドのデビットカードを作っておけば

煩わしい思いをしてクレジットカードを作らなくても

Amazon Studentが利用できます。

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.