GEARBESTからリュックのレビュー

今回の記事は、GEARBEST様の提供によります。

新製品のレビューご依頼ということで

リュックサックのレビューになります。

f:id:taroymd:20161104200308j:plain

目次

GEARBESTについて

GEARBEATは本社が中国にある通販サイトです。

中国のサイト、え?中国語と思いましたが、

英語表示でした。また、グーグル自動翻訳も利用できました。

 

サイトは、楽天に近いかAmazonさんに近いかというとAmazonに近い感じ

楽天のようなやけに縦長のサイトではないですね。

 

取扱商品は、パソコンやスマホといった家電から衣類、かばん、スポーツアウトドア用品など幅広いです。

当たり前ですが、中国メーカーの製品がほとんどです。

 

決済は米ドルでペイパルを通してマスターカード、VISA、アメリカンエキスプレス、ディスカバーあとデビットカードも使えるそうです。

 

製品は安いけれど

海外通販は送料が…と思いましたが、思ったよりも高くなさそうです。

 

ただし、スマートフォンのような製品だと技適の問題があるので簡単に購入できませんね…

 

衣類やかばんなら気軽にいつもよりやすく買えるかも

今回提供いただいた商品

さて、今回はリュックサックのレビューになります。

Original Xioami BackpackのDEEP BLUEになります。

リュックサックです。

他にBLACKがあります。

www.gearbest.com

概観

届いたときはぺしゃんこにされていたのでびっくりしましたが、

普通のリュックサックでした。

 

大きさ的には、高校生大学生が背負っているぐらいです。

ファスナーは、大きなところとタグの付いている小さな部分だけ、シンプルですね。

f:id:taroymd:20161104192445j:plain

値段

値段は、2016年11月4日20時前後で米ドルになりますが$15.29加えて輸送量が$0.43

全体で$15.72です。

あと、2日ほどですがセール中のようです。

ググったレート1ドル103.016円だと1619.41円になりました。

 

1ドル105円だと、1650円ぐらい。リュックとしては劇的に安いですね。

日本で売られている高校生大学生が使うようなリュックも中国製がほとんどなのに、値段は5000円とか平気でするのでかなり安く感じます。

でも、実際どうなんでしょう。中国製中国製品不安もあります。

 

容量

容量は、製品ページにてBag Capacity:22Lと表示されています。

 

寸法は、幅33㎝奥行14㎝高さ43㎝と言った感じ

僕が普段大学にお茶と本数冊ルーズリーフクリアファイル類を入れていくリュックよりも1周り小さいです。持ち物が少ない人ならこのサイズでも使えそうですね。

 

デザイン

デザインはいたってシンプルです。

外側は青色の素材で背中に付く面は黒色の素材肩ひもも黒色です。

メーカーロゴとリュック上部の持ち手ファスナー部分は別の素材です。

 

ロゴマークは、リュックを背負った時の右手側に1か所小さいです。

f:id:taroymd:20161104193338j:plain

「mi」というのがシャオミのロゴマークのようです。

ちなみにこのロゴマークの内側はペットボトルとかが入るポケットになっています。

 

内側

ファスナーをあけて内側を見てみます。

f:id:taroymd:20161104193718j:plain

全体的に鼠色です。

背中がわにポケットが付いています。

大きさは…A4サイズぐらいなら入りそうです。

ただ、背中側なのでいびつな形をしたものを入れてしまうと、痛いので板状の物

荷物が軽い場合ならタブレットやノートパソコンなどを入れるといいかもしれません。

 

残念なところ

残念なところは2つです。

1つは、肩ひもがペラペラでクッション性が残念なこと

もう1つは、背中が付く面のクッション性が無いこと

布切れ1枚ということではないんですが、

リュックの背中の面がこの固さだと物が詰まった状態で長時間背負うと辛いかもしれません。

 

リュックのまとめ

リュックは、クッション性がちょっと残念でした。

しかし、シンプルなデザインで

特に変なものもついていません。

 

値段も安いし、ロゴも鬱陶しくないし重い物を入れない

普段使いなら大丈夫かなと思います。

全体のまとめ

今回は、GEARBEST様の提供でxiaomiのバックパックをレビューしました。

 

最近だと、多くの物は中国製で中国は世界の工場とも言われています。

中国を通さずに製品を作るというのは難しい時代になってきたわけですから

なんでも中国はダメ!と毛嫌いしていては生活できない時代になりそうです。

 

中国メーカーの中からしっかりとした製品を作っているメーカーを見抜ける人

英語をある程度理解できる人なら

GEARBESTを使ってみるといいかと思います。

www.gearbest.com

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.