クラウドファンディングをやろうと思って調べた

クラウドファンディングでお金集められないかなぁ~

と思って調べました

 

 

今回調べたのは

クラウドファンディングの仕組み、種類クラウドファンディングに対するお礼とかをどうするのかというところです。

3種類?

まず金銭的リターンのない「寄付型」

これは、日本だと法律的にも面倒であまり行われてないようです

 

金銭リターンが伴う「投資型」

これと

プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」の違いが分かりにくいんですけど、いろいろ見たところ

 

何らかの製品、商品やサービスをやろうというプロジェクトをやろう!

という時、リターンは2つあります。

1つは、プロジェクトでつくる製品とは違うものをお礼とするもの、お礼状とかなんか特別な権利とかです。

プロジェクトのロゴデザインのTシャツとかリストバンドとか

 

もう1つは、プロジェクトでできた製品を比較的安価で買えるタイプ

電子機器のクラウドファンディングはだいたいこれですね。

あと、お店やサービスを提供する場合、何円分のクーポンというのもこっちかなと思います。

色々なサイトがある

マクアケ(Maluake)とかReady forとかCAMPFIREとか有名どころもある一方で

アスリートのクラウドファンディングをあつかうALEEZ!JAPANとか

TポイントのCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)の運営するGREEN FUND

地域に関連したクラウドファンディングを扱うFAAVO

などちょっと調べただけでも特化したサイトがいくつか見つかりました。

 

手数料も掲載条件も違ってくると思うのでそこらへんは良く調べて…

ということになると思いますが

いっぱいありますね。

なんとなく…は大変そう

なんとなくクラウドファンディングでお金を集めて好きなことをしよう!

と思ってやる人もいるでしょうし

本当に好きなだけでやる人もいると思います。

 

ちょっとみて思ったんですが、本気でやる人はおそらく写真1枚にしても照明を置いたりカメラ位置も考えたり、

自分の事業を簡潔かつ興味をひかせるような形で説明したり

大変だな。と思いました。

 

ほとんどの場合、写真付きでタイトルが書かれたものが

ズラーっとならぶわけでその中で目立たないとお金にならないわけでしょう

 

 

あと、リターンがあるということで、プロジェクトと直結しない商品を送る場合

その商品作る手間もあるし、結局、集まったお金からお礼にかかったお金を引かなければいけないので

 

クラウドファンディングで〇〇万円集めました!

と言っても実際、サイトに入る分など考えると何割かしか入らないのかなと思いました。

よほど独自性や社会性があるか魅力的じゃないと難しそうですね。

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.