今の時代 大学生が自活するには一体いくらかかるのか考えてみる

どうも、たろうです。

僕は今、大学生で学業があまりにも忙しくてアルバイトをできていません。

当然、生活は親からの仕送りによって成り立っています。

お金を貰えるのは本当にありがたいことなわけですが実際、自分が大学生をして自活するにはいくらかかるのか考えました。

f:id:taroymd:20161029214447p:plain

目次

前書き

明治時代の偉人の話を見ると、制度は違うけれど大学に通いながら自分で金を稼いでいたり、

昭和の人の話でも苦学生をした。という話を聞くので、

平成の今、苦学生をするにはいくらかかるのかを考えます。

大学生の暮らし

近頃、東京大学では女子学生に家賃補助を出す(寮でいいやろと思うけど)

名古屋大学も女子学生に給付型奨学金を出す。という話が出てきています。

 

また、2018年度からは給付型奨学金が本格的に始まります。

 

奨学金によって大学に通えている人は多いですが

なんとなく奨学金を借りる(あえてこう書きます。)人も多いです。

実際、大学生の1人暮らしには月いくらかかるのでしょうか

 

自分自身、大学生で1人暮らししているのでそれを参考にしようと思います。

必要なもの

まず、大学生に必要なものですが

当然、衣食住と学費です。

ただし、衣はかなり削り、住居も安いアパートやマンションに住むとします。

食も外食を控え節約してもらう。

住居

住居は、アパートかマンションで可能ならば水道代やネットが家賃や光熱費に含まれているとします。

また、敷金礼金は入学祝から捻出するとして今回は無視します。

 

大学の立地によるものの東京のような特殊(家賃がバカ高い)なところはやめといて

地方なら4万あればあるていどまともなところ

3万ではほったて小屋には住めます。

 

家賃にネット代が含まれているところを探すとして

家賃と水道光熱費で4.5万にしておきます。

食は、いくらぐらいか

これを削ると体を悪くして無駄に金を使う羽目になるので多めに見積もります。

それでも削るので月15000円にします。

これだとだいたい1日500円使えます。

衣はユニクロでもGUでも着るとしましょう。

前年までの服も着て、少しずつ追加していくとして

月5000円でどうにか…

春夏秋冬で1年に4パターン、1つの季節で15000円でどうにか賄いましょう

春と秋は同じ服を着るのもアリです。

学費

たしか国立大学だと1月50000円ぐらい積み立てれば学費をまかなえます。

まあ、この月5万円稼ぐだけでもバイト大変なんですけどね

 

学業は趣味ではありませんが、毎月5万円の支出に耐えられる生活が必要ということですね。

必要なものまとめ

ここまで必要なものとして衣食住と学費をまとめました。

住居 4.5万円

食事 1.5万円

衣服 5000円

学費 5万円

 

これの合計で、11.5万円です。

毎月11.5万円ちょうど稼ぐなんて現実的では無いけれど、11.5万×12で138万円です。

年間最低限必要なお金が138万円・・・

 

103万の壁、130万の壁を超えました。

103万で親の扶養控除が無くなって

130万円で学生(子ども)が課税対象になり社会保険料もかかります。

 

ということは、138万円を使えるようにすると所得税もかかるわ社会保険料もかかるという身分になります。

 

国民健康保険や税金は地域によって差があるようなのでわかりません。

あと控除とかもよくわからない…

まだまだあるぞ必要なもの

正直、上に書いたのは、物が壊れたり消耗したりすることや

地味だけど必要なものをガン無視した数字なのでこんな生活は出来ません。

他にも必要なお金というのはあります。

年金

もらえるかもらえないかわからないけれど税金と同じように持ってかれるお金の1つとして

国民転勤があります。

20歳を超えると月16260円かかります。

学生納付特例制度というのがあります。

しかし、適用条件の1つが年収<118万円+扶養親族数×38万円+社会保険料控除額

らしいのでまず無理でしょうね

なので16260円×12かかります。

年間195120円です。

その他

人によって違うとは思いますが、

生活していれば、

石鹸やシャンプーも無くなります

自転車が壊れれば修理する必要があります。

月いくらかかるかわかりませんが、0円というわけにはいきません。

 

ゴミ袋にもお金はかかります。

まとめ

とりあえず、今回調べた感じわかったのは

大学生で自活しようとすると

どうしても130万の壁を超え課税対象になり

結局130万程度のバイトでは済まなくなりそうですね。

 

親への負担を減らすというつもりで自活しているはずが、完全に一社会人が大学に通っているという状態になりそうです。

今時、苦学生なんて無理です。

 

あと、夜間学部(二部)もどんどん減っているので、昼間働いて夜間は大学に…というのは無理ですね

 

月に手取りが15万でも節約してどうにかってラインでしょうか

実際、額面だとどれぐらい稼げばいいんでしょうかね

200万?250万?もっと?

いずれにしても大学生が自活しようとすると、本当に1社会人になる羽目になりそうです。

「学生」ではなくて社会人が同時並行して大学に通っているということになりそうです。

 

 

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.