今食べているご飯、何gかわかる? ダイエットにも筋トレにも1人暮らしにも大切な「はかり」

ご飯を食べる時、自分が食べている主食や主菜が何gかわかっていますか?

ダイエットをするにも体を鍛えるにも食事管理は大切です。

目の前の食事が何gかわかっていないと食事管理なんてできませんね。

目次

目の前のごはん 何gかわかる?

日本人の主食というと多くの方は米。

生まれてこの方白飯を食べた経験の無い日本人というのはごく少数だと思います。

 

ごはんを炊くときどうやっていますか?

炊飯器は通常、3合炊き、5.5合炊きや1升炊きのように表示されています。

1合は180cc、1升は1.8Lの昔の日本の体積の単位です。ちなみに1升の10倍が一斗です。

厳密に言うと1合とか1升とかいうのは、尺貫法という日本の単位で取引などで尺貫法を使うのは禁止されているようです。

 

炊く前の米の量測る時、普通、何合かを測ります。

計量カップや炊飯器にも1合、2合と線が引いてあります。

 

では、米1合は何gかわかりますか?150gだそうです。

炊いた後のごはんが何gかわかりますか?

1合を200mlの水で炊くとだいたい350gという感じ(沸騰している分無視して)

 

その後にお椀によそって、食べるご飯が何gかわかりますか?

だいたい何gかはわかるけれど、実際に何gのごはんを食べているかわかりません。

 

一人暮らしに、はかりは必要?

僕は大学に入学してから1人暮らしをしています。(させてもらっています)

最初に台所用品を買った時、計量カップは購入したもののはかりは購入していませんでした。

 

実家暮らしをしていると料理なんてほとんどしませんし、

「そんなに料理しないでしょ?」という母の言葉からです。

 

そういうわけではかりは購入していませんでした。

ある程度は計量カップで代用は出来る

実は計量カップは購入していました。

インスタントラーメンを作る時などに使うので必要でした。

他にもごはんを炊くとき1合量るのにも使います。

 

計量カップには、他にも小麦粉とか砂糖が何gかの目盛りが付いているのでそれにも使えます。

なのでこれまで小麦粉や砂糖を使う時は、計量カップで量っていました

 

でも、無理があるんですよね・・

料理しているときもそうですが、シリアルとか食べる時

1食何gの栄養が書いてあるけど実際に目の前のシリアルが何gかわからないし、炊いた後のごはんの重量もわからない。

結局、はかりは必要だということ

ふだん自炊をするとき、目の前の物が何gかわかる人は稀です。

 

料理をするとき、スーパーで買ったトレーの肉全体は何gかわかるけど、そのトレーから100g取って。と言われてすぐにはわからない。

 

最近だと、料理や食材を調べると100gあたり何Kcalでどういう栄養が含まれているか。をネットですぐに調べられますし、食事管理のアプリもあります。

 

でも、目の前の料理が何gかわからなければ正確に管理なんてできないわけで、結局「はかり」はあった方が良いですね。

 

ダイエットをするという人は、変な健康食品を購入する前に自分が一体何を何g食べているのかを把握するためにはかりがあった方が良いです。

ダイエットや筋トレには、まずはかりを!

僕は、少しの筋トレと水泳をしています。以前は目の前の白飯が何gかということが見当つきませんでした。

結局面倒くさいから・・・と炊いたご飯1合を全部食べてしまうこともよくありました。それだけ運動していればいいんですが、それをしていないから太るだけ。

肉を食べる時、目の前の肉が何gかわからないからタンパク質をどれぐらいとったのか把握できていなくて、自分がとったと思っているより少ないタンパク質しかとれていないということもありました。

 

他にもシリアルを食べたり、料理をするとき、分量を量れないから適当に入れてしまって失敗することもありました。

 

計量カップとはかりが両方あれば、目の前の食事が何gか確認できて、ネットを使えば自分が何kcal摂取したのかわかります。

 

ダイエットというと無理して食事を減らしたり、健康食品を買ってきたりしますが、結局1日に食べ過ぎている分を減らして適当な量にすればいいのだから、はかりで確認することをおすすめします。

 

筋トレでは、プロテインに付属のスプーンでプロテインは何gか把握できるけれど、他の食品も見直すべきだと思います。肉から野菜からなんでもそうだと思います。

 

1人暮らしを始めた時、料理の経験が無いと目の前の物が何gかわかりません。また料理本を買ってきてもはかりがなければ何gかわからないので結局役に立たない。。。作ってみても失敗するということになりかねない。

 

何にしてもはかりは大切です。

よくわからない健康食品やプロテインより安いうえに役に立ってくれます。 

 

これから、ダイエット、筋トレや一人暮らしを始める!という人はまず、はかりを買ってみてはいかがでしょう

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.