4年生になれたのか? 1年間で約70単位を取った編入生の話

どうも、たろうです。

先日、成績発表がありました。

「学務課仕事遅いよ無能かよ。もう公務員じゃないんだぜ。いい加減にしろよ。」

など文句を言いながら、成績を確認しました。

留年編入生は、4年生になれるのか??

※50点は落単

目次

入学当時の単位数が少ない

僕は編入学をしました。
編入すると、大学や高専でとった単位を互換が可能です。

編入前の所得単位数が少なく(編入の条件ギリギリ)、分野の違う学科に編入したため

編入学した後の単位数は、とにかく少なかった。
3年生なのに2年生と同じぐらいの単位数からのスタートでした。

 

それでも留年は出来ない。プライドなど捨てて単位を取りに行く。

成績は可(C)でいい単位がもらえる最低評価

こういうことを考えて、僕の2度目の大学生活はスタートしました。

3年前期

3年前期、
入学して右も左もわかりませんでした。

単位がないため、空いたコマはすべて講義詰めるという狂人じみたことをやりました。

 

1週間に1度の徹夜が常態化しました。

さらに忙しい時期は、週に4日大学に宿泊、3日で睡眠8時間という建築学徒も真っ青な大学生活を過ごしました。

 

前期の終わりごろは、ほとんど頭が回っておらず教授からも同情されました。

教授から同級生、下級生まで、なんにでもすがりつき40単位ぐらいとりました。

2日続けて徹夜した結果 - たろうYMDの日記

2016年度後期

2016年度後期、前期で多少余裕はできてもまだ進級が危うい。

積み重なる課題で追い込まれ毎週2回は

可(C)でええんや!!可で!!

と言い放っていました。

一緒に講義を受ける1~3回生からヘイトを集め続けました。

 

グループワークでは、手伝わない人に向けて
文句があるならお前がやれよ
と言いながら進めました。

大切なのは、期日を守ること残った時間で間に合うように課題を取り組むこと。

 

期日というのは課題提出日です。とにかく何かやって形式だけ守って提出する。
1回生に嘲笑されても、出来ないものは出来ない

将来やらないことと割り切っていたので、クオリティを上げようとは思いませんでした。
徹夜したなかったので、とっとと終わらせることばかり考えていました。

 

1~3年のカリキュラムを同時並行で消化しています。
すべてのクオリティを上げるなんて無理

芸は身を助く

僕は少しだけ基礎科学を学びました。
編入後は、数学の単位を根こそぎと言っていいレベルで取ることが出来ました。

挫折した専門分野ですが、苦しんだ経験によって今の自分が救われたのだから皮肉なものです。

 

言語も専門科目も得意で無い中、
数学だけで編入試験に合格してそのまま数学の単位に救われています。

芸は身を助くではありませんが、
編入試験前に死ぬ気でやった数学の経験によって僕は4年生になれました。

最後の切り札「編入生なので…」

一般的な大学生は1年で70単位も取りません。

編入で単位が少なく、編入生の特権で履修の上限が無かったので1~3年の講義を同時に受講しました。

教授もそれを知っていたので、
課題に対する評価を発表している時、僕が死にそうな顔をしていても何も言わず、

今よりも少し良くなるポイントを教えてくれました。

とても苦手な課題で、周りと比べてクオリティが低かったけれど、なんとか単位は取れました。

 

よくこれで単位を取れたな。という講義はあります。
教授、同級生、後輩に泣きつきながら単位を確保しました。

年間70単位は取れます。死ぬ気になればね。

徹夜のお供はこれだ!! 週2で徹夜する大学生が選ぶ徹夜のお供 - たろうYMDの日記

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.