留年してから編入したクズが教える!留年から編入試験までの流れ

大学に編入しておよそ1年半が経ちました。

留年したクズが、編入するまでにやったことと編入後のことを簡単にまとめました。

f:id:taroymd:20170712145401j:plain

編入試験を考えるまで

大学に入ると、ほとんどの人が勉強しなくなります。

僕も同じように勉強しなくなって、留年
留年のシステムは大学によるけど、2年が終わった時4年で卒業できないことに気が付く。

専門分野に興味も無いし留年するし、 退学して就職しようかと思ったけど
大学の手続き上、1か月以上前に書類を出さないと退学できない。
仕方が無いので、退学する前提の3年前期が始まりました。

そももそ専門科目に興味が無いので、他学部への転向を考える。
留年したクズを受け入れる学部など無く、編入学試験を検討し始める。

この段階で4月

編入先の検討

編入試験を調べるも一般入試のように制度が統一されていない。

2年次編入もあれば3年次編入もあるので大学を調べないと進まない。

 

行きたい学部学科を絞って、マイナビ進学などで資料請求する。

編入生向けの資料なんか無いので、大学案内を請求すればOK

編入試験は金と時間に問題なければ4校5校と受験しても自由なので、
気になる大学があるのなら資料請求すべき

編入試験までの勉強

編入試験の内容は、大学によって異なる。

英語はTOEICを使うところが多い。 早い段階でTOEICを受験して高いスコアを取っておくと、編入試験で有利になる。

試験科目には、小論文や面接の他 理系だと数学、物理や化学などを課す大学もある。

 

僕の場合は、数学が課された。
繰り返し同じ問題集をやった結果、全問解けた(何度も確認したが間違いが見つからなかった)

留年したクズでも編入試験の問題は解ける

試験に合格したらすること

両親に連絡するのは当然として、合格したらどうするのか? 入学の手続きも必要になるし、いろいろと手続きが必要になる。

所属大学ですること

担当の教授(担任みたいなの)がいれば連絡する。
退学手続きをするため、合格したら教授に連絡すること

 

次に、学務課などに行き退学の手続きを確認する。
学部長や学科長との面談や親の印鑑が必要な場合があるので
合格したら、すぐに手続きを確認すべき

退学理由は、素直に「編入学するから」これでスムーズに退学の手続きが進む。

アパートですること

アパートを引き払ったり、アパートを借りる必要があるので早めに行動する

今住んでいるアパートの大家や管理会社に退去することを伝えておく
正確な退去日は後で伝えればいい。

 

編入先の大学で下宿する人は、新しく住むアパートを早く探したほうがいい
3月になって探し始めると良い物件が無くなる

編入までの春休み

編入直前の春休みは本当にやることが無い。

春休みのうちに、もともと所属していた大学の友人知人と食事に行くのもいい。
僕は焼肉をおごってもらった
人の金で食べる焼肉は格別にうまい

編入したらやること

編入生は、1,2年生と一緒に授業をうけることがある。
3年生だからと壁を作らず、どの学年とも等しく付き合うことが大切。

 

編入後は、周りの3年生よりは忙しい。
周りは週休3,4日の中、編入生は週休0ということもあります。

僕の場合、3年生のうちは1週間に2回徹夜が日常でした。

それでも専門科目に興味を持てずに4年間腐るよりもずっと良かった。

 

大学を辞めたいとか、専門科目に興味が無いとか
迷っているなら動いたほうがいい

Copyright© たろうYMDの日記 All Rights Reserved.