BCAAサプリメントの種類と選び方

BCAAっていろいろあるけど、どれがいいの?

BCAAってそもそも何??

そんな人に、BCAAサプリメントがどんなサプリか

また、BCAAサプリメントの種類と選び方を紹介します。

BCAAってなに??

BCAAは必須アミノ酸というアミノ酸の仲間です。

まず、アミノ酸と必須アミノ酸について説明していきます。

アミノ酸は、化学的にはアミノ基とカルボキシル基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称です。

アスパラギン酸とかグリシンとかグルタミンとかアルギニンもアミノ酸です。

アミノ酸と必須アミノ酸の違いは、その生物が体内で充分に生成できるかどうか?です。

必須アミノ酸は体内で生成できないので継続的に食物からとる必要があります。

必須アミノ酸は生物によって異なり、ヒトだと9種類。9種類の必須アミノ酸は食物から取らないと不足します。

ヒトの必須アミノ酸は、バリン、ロイシン、イソロイシン、メチオニン、リジン、フェニルアラニン、トリプトファン、スレオニン、ヒスチジンの9種類です。

この中でバリン、ロイシン、イソロイシンの3種類が分枝鎖アミノ酸(branched-chain amino acids)と呼ばれ英名からBCAAと呼ばれています。

このBCAAを取るのがBCAAサプリメントです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BCAAの種類

BCAAサプリメントは商品によって配合や成分が違います。

タブレットやカプセル状の水で飲むタイプ、粉末を水に溶かして飲むタイプ、ゼリードリンクのタイプなどがあります。

どれでもBCAAが取れます。

タブレット

タブレットやカプセルになっているBCAAサプリメントです。

長所

タブレットの長所は何よりも何時どこでも飲めることです。

パッケージをそのまま携帯してもいいですし、サプリメントケースを持っているなら必要なだけ携帯できます。

タブレットの長所は、どこでも飲める携帯性です。

短所

短所は、1回で取れる量が少ないのと粉末と比べて高価な点です。

量は、たくさん飲めば解決しますが、その分サプリメントにかかるお金が増えることになります。

粉末タイプと比べるとやや高価です。

粉末タイプ

水に溶かして飲む粉末タイプのBCAAサプリメントです

長所

長所は、タブレットやゼリーと比べて安いことです。

特に海外ブランドのBCAAサプリメントだとめちゃくちゃに安いです。

 

また、他のタイプと比べて、多くのBCAAが含まれています。

香料や甘味料で味付けされているので美味しく飲めます。

味が無いほうが良いという人は、味がついてないサプリメントもあります。

短所

粉末は携帯しづらいです。

ジムや運動中に飲もうとすると、自宅で溶かしてから持ち運ぶ必要があります。

 

まあ、慣れればどうってことは無いんですが、面倒くさいと思う人は面倒くさいでしょう。

ゼリータイプ

ゼリータイプは、スポーツ中や試合の合間に飲むように作られています。

従って、他のタイプのBCAAと異なり、炭水化物が大量に含まれています。

 

長所

短時間で炭水化物とBCAAが取れて便利

試合の合間や運動中など時間が無いけど栄養を取りたい時に向いています。

部活動の試合の合間にゼリータイプのBCAAを取る人は多いです。

短所

高い。炭水化物を同時に取ってしまう。

1回分が100円以上して高価です。

更にBCAAよりも炭水化物がたくさん含まれています。ふだんの運動中に飲むのにはお勧めしません。

 

大切な大会やイベントに飲むのにオススメです。

気を付けたいBCAAの割合

総量は多いほうがいいですが、気を付けたいのがBCAAの割合です。

バリン、ロイシン、イソロイシンの割合が1:1:2のサプリメントがあったり、1:1:4のものがあったり1:2:1のものもあります。

ですから、BCAA〇〇g!!だけでなく、BCAAがどの割合で入っているか確認しましょう

 

私が使っているエクステンドのBCAAだと、バリン、ロイシン、イソロイシンが1:2:1の割合で配合されています。

同じ割合のBCAAサプリメントがDNS、グリコやバルクスポーツからも販売されています。

BCAAの選び方

形状の違いは下の通り

タブレットタイプ ⇒ 普段使い どこでも飲める

粉末タイプ ⇒ 普段使い 家で溶かす必要あり

ゼリータイプ ⇒ 大会やイベント用

普段用にはタブレットか粉末のどちらかがオススメです。

ライフスタイルによりますが、仕事終わりにジムに行くとか、いちいち水に溶かすのが面倒くさいという人はタブレットがおすすめです。

休日にジムに行くなら、安い粉末タイプを使うというのもアリです。

成分も見て買うと良いです。

[st-card id=1187]

たろう
たろう
コスパなら粉末
携帯性ならタブレット

 

コメント