Uncategorized

留年した大学生に告ぐ!留年した後にすべき3つのこと

更新日:

どうもたろうです。

3月となり大学生は成績発表があり進級、卒業などでビクビクする時期です。

f:id:taroymd:20170120012018p:plain

僕自身は、今年度単位を山のように取得して4年生になることが出来ました。

留年した経験

僕は、留年を経験しています。

大学1年から2年生に上がれず、頑張ったものの

結局、大学をやめてほかの大学に入りました。

そういうことで留年した時にすべきことを紹介していきます。

留年した時にやるべきこと3つ

留年した時にやることは3つぐらいです。

もちろん細かくすると増えるし、留年した後にどういう選択をするのかも考える必要があります。

1.親に連絡する

まず、親に連絡します。これがとてつもなく怖いことですが事実なので仕方がありません。

自業自得です。

怒鳴られるり、張り倒されるなり、半殺しにされるなりされましょう。

そして、次どうするかを話し合いましょう。

2.教員に相談

大学でも最近は指導教員やアドバイザーなどどいった役職で相談に乗ってくれる先生がいます。

相談したところで、単位が増えるわけでも留年が回避できるわけでもない

それでも相談しておくべきです。

留年した先輩がどうしたかを聞くこともできます。例えば、編入学だったり再入学だったり専門学校に入学するとかの事例があります。

他にも、どういう風に勉強するといいか教えてくれる場合もあるし、

劣等生だと認識されるので相談した先生の授業を受けた時に、

「わからないので教えてください」

と質問に行きやすくなります。

アポなしの訪問は失礼な行為ですが、なんだかんだ許してくれるようになります。

3.できる同級生を捕まえる

できる同級生を捕まえます。

迷惑をかけない範囲で問題の解き方を教えてもらったり、一緒にテスト勉強したりさせてもらいます。

他にも、比較的楽な科目を教えてもらうのも重要です。

教員とのやりとりと同じように、自分が出来ないということを認識してもらうことが案外大切です。

ず~っと頼っていると嫌われるので勉強や都合のいい時だけ頼るのではなく、相手が困っていたらできるだけ助けてあげたり、遊ぼうと誘われたら積極的に参加することが大切です。

自分のできる範囲で恩返しをしましょう。

帰省したら土産を渡す。というのでもいいんです。とにかく仲良くなりましょう。

まとめ

上で留年した後にすべき3つのことをあげました。

留年を悔いていても何の役にも立ちません。数学の問題1問でも説いていた方が有益です。

たいせつなのは、今後どうするかです。

留年してそのまま退学もありですし、他の学校(大学、専門学校など)に進むのもアリです。

来年度も同じようにしていたら、4年で卒業するのは難しい。同じやり方で量を増やすのも選択肢です。

しかし、それよりも自分のやり方はよくないのかも?と考えて人に教えてもらうことが大切です。

留年した事実は変わりません。

留年した時期で、大恥です。教員に泣きつこうが同級生に泣きつこうが大した恥ではありません。

留年したのは変わりようのない事実で

すでにめちゃくちゃ格好悪いんだから、なりふり構わず次にやることのために動いた方が得です。

僕は、退学しました。

-Uncategorized

Copyright© たろうのブログ , 2017 All Rights Reserved.