家電

初心者がSSD換装してみた。換装の手順と初心者がHDDをSSDに換装して気づいた注意点

更新日:

5月にノートパソコンのハードディスクをSSDに交換しました。
当然、快適になりました。
作業をしていると、つまづきました

つまづいたポイントも併せて紹介します
パソコンに詳しくないけどSSDにしたい!という人はぜひ読んでください

もともとのノートパソコン

SSDに換装する前のノートパソコンについて書いておきます。

OS Windows 8

CPU corei7
メモリ 8GB
HDD 1TB

でした。2013年春に購入した東芝のDynabookです。

Linux系のOSであるUbuntuとWindows8からアップデートしたWindows10のデュアルブートになっていました。
消せなかっただけ

パソコンを使っているうちに起動も動作も遅くなってきて
ここ半年はイライラすることが増えました。
電源ボタンを押して、起動して、
Officeソフトやブラウザを開くまでに5分ほどかかっていました。

Ubuntuを消したい…

HDDにWindowsだけが入っている人(普通)は関係ないので気にせず、次の項目に進んでください。

前の大学では、授業でLinux系のOSを使うこともありました。
そこでノートパソコン1台でWindowsとLinux系のUbuntuの両方使えるようにしました。
デュアルブートってやつです。

しかし、今の大学に入ってからは大学の授業でUbuntuを使うことは1回もありませんでした。

個人的にも使わないし、Ubuntuを消し去ろうと思っていましたが、
いい加減にUbuntuを削除すると、Windowsも起動しなくなるそうです。

下のサイトなどを見ていろいろやったんですが
結局、HDDからUbuntuを消すのをあきらめて
SSDにWindowsをインストールしなおすことにしました。

Winux/Lindows |Ubuntuをインストールする前に・・・MBRの存在を知っておこう。

今回買ったもの

今回は、SSDとHDDのケースを購入しました。
SSDは、Crusialの275GBのモデル、HDDケースはとりあえず安い物を購入しました。
SSDというと高いという印象があったけれど、1万円ちょっとぐらいから購入できます。

今回購入したのは、275GBモデルで1TBのHDDと比べると容量が少ないけれど、

見ない動画や聞かない音楽を外付けハードディスクに移動させれば275GBモデルでも十分でした。

換装の手順

換装の手順を説明していきます。
時間がかかるので休日にやるのがオススメです。

バックアップを取る

データ引っ越しの仕方など調べて気を付けても
初心者でよくわからないまま進めるとデータをぶっ飛ばす危険性があるので、
バックアップを取りましょう。

オフィス、音楽や動画を外付けHDDにコピーするして、

ウェブサイトのIDやパスワードもメモしておきましょう。

ソフトは、どのソフトをインストールしたかメモしておいて、有料のソフトはプロダクトキーを確認しましょう。

念には念を入れてバックアップを取りましょう。

HDDケースにSSDを入れる。けど、読み取らない?

SSDをHDDケースに入れてパソコンにつなぎます。

でも、なぜか読み取れない・・・

SSDのフォーマットをしていませんでした
ツイッターで教えていただきました

グーグル先生に聞くとフォーマットは、初期化ということらしい…
今回購入したSSDを使えるようにフォーマットしていきます。

※画像は後で用意したので、別の外付けHDDを使っています。

初心者でもわかるフォーマットのやり方

SSDをHDDケースに入れて、パソコンにつなぎます。
この時点で、SSDが使えない!というのが僕の失敗

SSDを使えるようにしていきます。

デスクトップのWindowsのマークを右クリックします。
表示される項目に「ディスクの管理」というのがあるのでそれを開きます。
すると、下のような画面が出てきます。

f:id:taroymd:20170607205124j:plain

説明のために、後でスクリーンショットを作ったので、実際とは違います。
ディスクの管理を開くと、「未割り当て」となっているところがあります。
SSDを買ってつないだ状態だとディスク1つ分丸々「未割り当て」になっています。
この状態だと、マイコンピューター(PC)を開いても、
未割り当ての分は表示されません。

f:id:taroymd:20170607210407j:plain

未割り当て分をフォーマットします。
使っている部分をフォーマットするとデータが消えるので注意してください
未割り当てとなっている部分を右クリックすると、
「新しいシンプルボリューム」というのが出るのでクリックします。
すると下の画面が出てきます。

f:id:taroymd:20170607210710j:plain

SSD1台フォーマットするので、「次へ」を押して進んでいきます。
まっさらなSSDのフォーマット(初期化)なので、全て既定の設定で大丈夫です。
次へを押して進んでいくと下の画面が出てきます。

f:id:taroymd:20170607211212j:plain

完了を押すと、フォーマットの作業が始まります。
フォーマットが終わってPC画面を開くと、
ディスク管理の未割り当てがボリューム(H)になっていて、
PC画面のほうにもボリューム(H)が表示されています。

f:id:taroymd:20170607211818j:plain

フォーマットをしてUSB接続でSSDを使えるようになりました。

USB接続した後、HDDの中身をSSDにそっくりそのままコピーするクローン化なんて方法もあるようですが、

今回は、Windowsをまっさらな状態で入れなおしました。

HDDを外してSSDに換装する

ノートパソコンのHDDを外してSSDを付けます。
プラスドライバーでできます。
物理的にSSDをはめるだけなので気を付けて端子につなぐだけです。

Windowsを入れなおす

この時点でノートパソコンにはまっさらなSSDが入っています。
Windowsが入ったHDD(Ubuntuも入っているやつ)は、別であったけど
ノートパソコンを起動して、「Windowsの修復をする→工場出荷時の状態に戻す」と操作したら
最初にパソコンに入っていたWindows8がクリーンインストールされました

Windows8が入った後、
「Windows10にアップデートするか?」という画面が出たので
そのまま、Windows10にアップデートしました。

Windows8.1からWindows10への無償アップデートは、

2016年7月29日までなので、アップデートはできないと覚悟していましたが、アップデートできました。
以前のパソコンでは、Windows8→Windows8.1→Windows10と無償アップデートをしていて
2016年7月29日以前にWindows10にアップデートしていたからだと思います。

購入した時のOSをそのまま使うのであれば、工場出荷時のOSのインストールさえ終われば問題なく使えます。

使えるように整理

Windows10へアップデートが終わったら、(OSの準備が終わったら)
セキュリティソフトをインストールします。
使っていたフリーソフトなどがあれば、忘れないうちにインストールしましょう。

SSD換装後の速度を計測

HDDからSSDに換装して、どれぐらいはやくなったか?
本来であれば、ベンチマークテストをしてどれぐらい速くなったか計測するところですが、

すっかり忘れていました

下がSSDに換装してから計測した数字です。

f:id:taroymd:20170605180147j:plain

計測したHDDと比べてどれぐらい速いか数値的にはわかりません。

ただし使っていて快適になったのは確かです。
以前のHDDだと電源を押してから、Windowsのデスクトップが開くまで3,4分。
さらにブラウザを開くまでにさらに約1分かかっていました。
パソコンで作業を始めるまで5分以上かかっていました

SSDにかえたところ、
デスクトップが開くまで30秒ほど。ソフトもすぐに起動するようになりました。
電源を押してから、パソコンで作業を始めるまで1分未満になりました。

使っていてHDDとSSDの差がわかりやすかったのがAdobeのillustratorとPhotoshopです。

CPUやメモリなどの推奨スペックは満たしているのに
以前は、illustratorを起動すると、起動までに1分以上かかりました。
起動してからも反応が遅く、使っていてもソフトが固まることがしょっちゅうでした。
SSDに換装してからは、illustrator起動までの時間も短くなって、ブラウザを開きながらでもillustratorが快適に使えるようになりました。

フォーマットを忘れたり、初期化をしたりして、SSDへの換装に4時間ぐらい費やしました。
作業に4時間かかったけど、SSDに換装してから起動が早くなったし、ブラウザやソフトが停止することもなくなりました。

もともと入っていたHDDは、ハードディスクケースに入れて外付けHDDとして今も使っています。

SSDが1万円ぐらいから、ハードディスクケースも購入しても15000円未満です。

SSDに換装したら、起動が遅いとかソフトが固まるとか、パソコンのイライラが解決して快適に使えるようになりました。

-家電

Copyright© たろうのブログ , 2017 All Rights Reserved.