ソイ?ホエイ?カゼイン?プロテインの種類とお勧めのプロテインを紹介

プロテインにはホエイ、ソイ、カゼイン…プロテインサプリメントは、いろいろと種類があります。

今回は、プロテインの原料と、どれを飲めば良いかまで紹介します。

f:id:taroymd:20170707211725j:plain

スポンサーリンク

プロテインって何?

まず、プロテイン(protein)を日本語訳するとたんぱく質です。

文字通りプロテインサプリメントは、たんぱく質を取るサプリメントです。ドーピングに引っかかるような危険な物ではありません。
以下、断りが無ければ「プロテイン」はプロテインサプリメントを指します。

ドーピングに引っかかるようなサプリメントではなく、日常生活を送っている人が取っても大丈夫です。

f:id:taroymd:20170703174747j:plain

プロテインの原材料の種類

プロテインの原材料には、何種類かあり、有名のはホエイ(乳清)とソイ(大豆)の2種類。

他にもカゼインエッグなんてものがあり、原材料によって特徴があります。

ホエイとカゼインは、両方牛乳由来なので同じと言えば同じですが…

原材料による長所短所を考えて、「飲むタイミングによって、飲み分ける」という人もいます。

ただし、ボディビルの大会に出るとか、実業団レベルで取り組んでいる。ということでなければ、わざわざ飲み分けなくても1種類のプロテインで十分です。

プロテインの種類

上でプロテインの原材料を紹介しました。

プロテインの原材料の種類は4種類だけど、ホエイから作られるプロテインが3種類あったり、2つ以上の原材料を混ぜたプロテインがあったりと、プロテインの種類は4種類以上あります。

上で紹介した原材料を少し掘り下げてから、それぞれのプロテインについて説明していきます。

ホエイプロテイン

ホエイは、乳清のことで牛乳由来です。

冷蔵庫で冷やしたヨーグルトに上に出てくる水分もホエイです。

水切りヨーグルトの水分が、栄養豊富だから捨てるともったいない。と言われるようにこのホエイは高たんぱくかつ低脂肪です。

そのホエイを加工したのがホエイプロテインです。

ホエイプロテインは、吸収が速いのが特徴です。

筋トレの後に飲むのはもちろん、ほかのスポーツの後に取るのもオススメです。

ホエイは製造方法によって違う名前で呼ばれます。それぞれ紹介していきます。

f:id:taroymd:20170703174251j:plain

WPCプロテイン

WPC製法は、Whey Protein Concentrateのことです。

ホエイプロテインの中では、最も安価で種類が豊富です。安価なホエイプロテインは、大抵WPC製法で作られています。

安いけれど、重量の約80%がタンパク質の製品もあり侮れません。

乳糖が残っているので牛乳を飲むとお腹を壊す人はWPCでもお腹を壊すことがあるらしいです。

WPIプロテイン

WPI製法は、Whey Protein Isolateのことで、WPC製法で分離したタンパク質をさらに加工して、よりタンパク質の純度を上げます。

WPCと比べるとたんぱく質の割合が高いけど高価です。

WPHプロテイン

WPHは、Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清たんぱく質)のことです。

WPCを分解することで、プロテインたんぱく質の割合が高く、吸収も速くなります。

もちろん、余計に加工をしているのでWPCよりも高価です。

また、WPIはあまりメジャーではありません。

カゼインプロテイン

カゼインも牛乳由来です。

ホエイとの違いは、吸収速度でカゼインのほうがゆっくりと吸収されます。

カゼインプロテインは、種類が少なくマイナーでWPCプロテインと比べてやや高価です。

筋トレを一生懸命やっている人が複数のプロテインを飲み分ける以外の用途は特にないと思います。

よほど筋トレをやりこんでいる人でなければ、無理に買う必要はありません。

ソイプロテイン

ソイプロテインは、大豆のタンパク質由来です。

カゼイン同様にゆっくりと吸収されます。

価格もWPCと同じかそれ以下ぐらいに安いです。

安価なので最初にソイプロテインを購入する人が多いのですが、不味いです。牛乳がダメな人は、選択肢の1つです。

エッグプロテイン

卵白由来のプロテインです。卵白から取ったたんぱく質が主な原料です。

日本ではほとんど発売されていないので、海外から個人輸入で購入することになるうえ
高価です。

買うならどれ?

原材料4種類とプロテイン6種類を紹介しました。

f:id:taroymd:20170707211756j:plain

プロテインを飲み始める方におすすめは、WPCのホエイプロテインです。

ホエイプロテインの中で、WPCよりもWPIやWPHのほうが無駄なものが少ないのは事実です。

しかし、WPIやWPHに劣るとはいってもWPCのプロテインで十分にタンパク質を摂取できます。

たろう
たろう
無理に高価なプロテインを買うのはもったいない。 安くても品質が良いWPCのホエイプロテインを探したほうがトク。

牛乳が苦手とかアレルギーとかがなければ、WPCホエイプロテインがオススメ

牛乳がダメなら、ソイプロテインがオススメです。