コンビニ、スーパーで買えるたんぱく質!丸善 プロフィットプロテインバー

サラダチキンよりも保存がきいて、プロテインバーよりも脂質が少ない!しかもお手頃!

そして、コンビニやスーパーでも購入できる!そんなソーセージの紹介です。

スポンサーリンク

たんぱく質が…足りない!!!

就職して、昼食は会社の弁当にしているんですけど…

たろう
たろう

毎日、揚げ物が入っているし、白飯が多い!(見た感じ200gぐらいある)
たんぱく質が足りねえ!!

弁当だから揚げ物が入っているのは、仕方ないのかもしれない…
それでもね!!主菜コーナーに大きなコロッケがあったり、白飯+冷やし中華というクソな献立なんですよ。

たろう
たろう

ジャガイモでたんぱく質が取れるか!!
毎日毎日、糖質と脂質が多すぎる!こんなの食ってたら病気になる!

ほぼ毎日、白飯と揚げ物を残しています。でも、たんぱく質は補えません。

足りないなら足すしかないので、コンビニかスーパーで、たんぱく質が取れて常温保存もできる食品は無いかと探しました。

たんぱく質が取れて、常温保存できるソーセージを発見!!

コンビニとスーパーでたんぱく質が取れる食品を探しました。

しかし、コンビニで買えるプロテインは、粉末と比べて高かったり、チョコレート風味のプロテインバーは脂質が多かったり
サラダチキンは美味しいけど、要冷蔵なので持ち運びできなかったり…

良いものが無いと思っていたら、プロテインバーの近くにソーセージがあったんですよ。

最高のソーセージ 丸善 プロフィットプロテインバー

コンビニで見つけたソーセージは、丸善のプロフィットプロテインバー。1袋200円で2本入りです。
丸善ってどこ?って思って調べてみたら、ホモソーセージチーかまの会社でした。

社名は知らないけど、なじみのある会社の商品でした。

何はともあれ素晴らしいプロテインバーを見つけた!と思い、全種類買って全種類食べました。

味は5種類

プロフィットプロテインバーの味は、5種類あります。

ホワイトペッパー味は、卵白と魚肉が使われていて、ホワイトペッパー味以外は、鶏ささみ材料になっています。

  • プレーン
  • ブラックペッパー
  • レモン
  • レッドペッパー
  • ホワイトペッパー

食べた感想は、どの味も淡白です。

私は唐辛子が苦手なので、レッドペッパーは合いませんでした。
レモンもうーん…って感じ、レモン風味の食べ物が好きな人は好きかも…

ブラックペッパーとプレーンは好みの味でした。

たろう
たろう

食感は魚肉ソーセージです。高たんぱくでこの味なら良い!

成分

味は、おいしい。しかし、大切なのは成分。特にたんぱく質がどれだけ入っているかが大切です。

プレーン、ブラックペッパー、レモン、レッドペッパーの4種類は味付けの違いだけです。成分は、ほとんど変わりません。
ホワイトペッパーだけ材料が違いので成分がかなり違います。ですから成分は、プレーンとホワイトペッパーを載せます。

プロフィットプロテインバー(1本あたり)プレーン味ホワイトペッパー味
エネルギー69kcal73kcal
炭水化物4.6g8.8g
たんぱく質11.0g8.3g
脂質0.4g0.4g
食塩相当量1.2g1.2g

ホワイトペッパー味は、ちょっと炭水化物が多いです。

ただ、プレーン味はたんぱくで低脂質です。

たろう
たろう

でも、どれだけ成分が良いわからないでしょ?

サラダチキン、他のプロテインバー、魚肉ソーセージの成分と比較していきます。

オススメの使い分け方もあります。

プロフィットプロテインバーと他の食品との違い

サラダチキンとの違い

サラダチキンのほうが成分は良くて、脂質と炭水化物が少なくて、たんぱく質が多いです。

 

ただし、サラダチキンは要冷蔵なので持ち運びに不便です。
また日持ちもしないので家に常備しておくのはプロフィットプロテインバーのほうが良いです。

たろう
たろう

すぐ食べるなら、サラダチキン。

後で食べたり、ストックしたりするならプロフィットプロテインバーがオススメ

ほかのプロテインバーとの違い

ほかのプロテインバーとして、割と昔からあるのが森永のinバーです。

inバーは、ウエファース(ウエハース)、ベイクドチョコ、グラノーラと大きく3種類、全部で6種類あります。

プロフィットプロテインバーと、inバーのウエファーバニラ、ベイクドチョコ、グラノーラの3種類の成分は以下の通りです。すべて一本当たりの成分を書いています。

プロフィット(プレーン)inバー(ウエハース)inバー(ベイクドチョコ)inバー(グラノーラ)
エネルギー69kcal194kcal209kcal106kcal
炭水化物4.6g14.8g12.1g14.4g
たんぱく質11.0g10.5g15.9kcal10.5g
脂質0.4g10.5g11.1g0.7g
食塩相当量1.2g0.3g0.14~0.49g0.4g

原材料が違うので比べるのもおかしな話ですけど、たんぱく質の量は、プロフィットプロテインバーのほうが良いです。

ただ、inバーのウエファースとベイクドチョコはお菓子として食べられます。
チョコレートを食べたいときになら、inバーもありです。

たろう
たろう

お菓子が食べたいなら、inバー。

とにかくたんぱく質を取りたい場合やしっかりと食べたいなら、プロフィットプロテインバーがオススメ

魚肉ソーセージとの違い

魚肉ソーセージというと、栄養があって体に良いイメージがあります。

プロフィットプロテインバーは、魚肉ソーセージみたいな味ですし、成分も似たようなものかな?と思ってました。

ニッスイのおさかなソーセージの成分をみたら全然違いました。

それぞれ1本当たりの成分は下の通りです。

プロフィット(プレーン)おさかなのソーセージ
エネルギー69kcal123kcal
炭水化物4.6g9.9g
たんぱく質11.0g6.3g
脂質0.4g6.5g
食塩相当量1.2g1.3g

おさかなのソーセージも、おやつとして食べるならめちゃくちゃ優秀です。しかし、プロフィットの成分がすごすぎるんです。

ただ、魚肉ソーセージはどこでも買えるし、かなり安いので値段が気になるなら魚肉ソーセージでも良いかもしれません。

たろう
たろう

安いのは、魚肉ソーセージ。

成分が良いのはプロフィットプロテインバー

プロフィットプロテインバーは、筋トレしない人にこそオススメ

これだけたんぱく質がすごいと書いてきたプロフィットプロテインバーですが、
実際のところ筋トレを真剣に取り組んでいる人ほど買わないと思います。

たろう
たろう

筋トレを真剣にやっている人は、1日の食事を5回とか7回とかに分けますし、毎食ゆでた鶏肉とかゆで卵の白身だけとか食べるのに慣れています。毎日なので不便とか思わないんですよね。

 

筋トレをしない人ほど、保存がきいてたんぱく質が取れるプロフィットプロテインバーがオススメです。普段の食事と組み合わせれば気軽にたんぱく質を補えます。

たろう
たろう

簡単にたんぱく質が取れるから、1人暮らしの学生さん、社会人、単身赴任のお父さんに送るのも良いと思います。

塩分だけ管理すれば、万人にオススメできるはず

まとめ

プロフィットプロテインバーのポイントは4つ

  • 栄養がすごい!!1本あたりたんぱく質11g
  • 日持ちして便利!!常温で180日
  • 味は魚肉ソーセージっぽい!フレーバーは5種類
  • 値段はぼちぼち、1袋2本入りで200円

簡単で便利にたんぱく質が取れるので、本当にオススメです。

たろう
たろう
私は、会社の机の引き出しと家にプレーン味とブラックペッパー味をストックしています。
残業前に食べたり、昼食時に食べたりしています。

 

コメント